スポンサーサイト

2017.07.14 Friday

0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    2014.02.20 Thursday

    0
      工房の若僧は土壁を使うため壁の下地の竹作りから手伝います。

      亀ちゃんの命令で竹屋さんに派遣され「これらエツリ竹はうちで確保するから竹伐りのノウハウを竹屋さんから盗んで来い!マスターするまでうちには戻ってくるなーっ」て発破かけています(笑)

      この時期の竹藪は霜柱が一面で足元から攻め立てられます。それはそれは寒いフィールドです。
      ですが陽が当たりだすと風も当たらず暖かく、結構楽しく仕事しているみたいです?
      まず真竹を3mに切って、それを直径に応じて竹割りで4等分から10等分に割ります、それを節をきれいに落とし束ねて終了です。

      壁の中に隠れてしまう素材ですが、一軒の家でこの割り竹が千本近く必要です。

      こうして集めた竹は既製品の竹に比べると分厚く、しっかりした壁が塗れるようになります。

      こんな仕事を若僧がいやそうな顔せず黙々とする姿を見るとまだまだ昔ながらの仕事は消えさせないぞと希望が湧いてきます。彼らの財産になるはずです。大事にな!




      スポンサーサイト

      2017.07.14 Friday

      0
        コメント
        コメントする
        トラックバック
        この記事のトラックバックURL