スポンサーサイト

2017.07.14 Friday

0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    親方とは

    2011.12.30 Friday

    0
      仕事納めを終えて工房もひっそり静まり返っています。こんなときが唯一ほっとできる時間だと最近気付きました。これからのこと来年のこと1月のこと、明日のこと、ダメダメすぐ現実に戻ってしまう悪い癖です、少し夢を見たいと思います、これがこれからの活力に変わっていきます。時間があるのは大好きです。若僧のこともそうです。来年は一人卒業していきますそして又一人入ってきます、今年は2名の若僧がやめて行きました。若手の育成は自分にとってしばらく大きな課題になっています。本人の力のなさか、こちらの努力不足か、ついつい自分に都合よく考えてしまうので、なかなかこれなら大丈夫ということが見つかりません。そんな今年を締めくくる時期に又だるまがとどきました。若僧OBです、今は実家の達磨屋を継いでいます。新しい道へ進んで頑張っている姿を見せてくれるとうちの仕事を体験して自分の進むべき道を見つけてくれたんだと、決して志半ばで力尽きたわけではなく、自分の道を見つける勇気をここで蓄えていったんだと。まそれもいいのかな〜と親方としては自分のパワーを注いで辞めて行かれるとガクーて来るんだけど、この若僧達が立派に自分の道を見つけてくれることに使われたのならもったい無くもないかな〜と・・・来年もまた新しい出会いがあり別れもあることでしょう、楽しい事もあればつらいことも出てきます。それでも七転び八起き、このだるまのように必ず立ち上がって進んで行きたいと思います。先の事を考えるとワクワクしてきます。もうすこしまったりしよーっと


       

      スポンサーサイト

      2017.07.14 Friday

      0
        コメント
        コメントする
        トラックバック
        この記事のトラックバックURL